読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しさより楽しさへの追求の旅

様々な切り口から正しさよりも楽しさだと証明するためのblogです。

意志をもって生きる人を増やしたい‐山川咲

人生が変わるほどの結婚式をしよう 「意志をもって生きる人を増やしたい」という想いを胸に、業界経験ゼロから起業し、「完全オーダーメイド」の結婚式を提供。そのクリエイティビティの高さや、ビジネスモデルが話題となっている『crazy wedding』代表の山…

世界の異端児 大木武が考える日本サッカーの日本化

著者は大木サッカーが大好きだ。日本のサッカーの未来は大木サッカーだとも思っている 大木武(オオキ タケシ) 主な指導歴=甲府(監督)-清水(監督)-甲府(監督)-清水(監督)-川崎U-18(監督)-甲府(監督)-日本代表(コーチ)-京都(監督)-磐田U-18(監督)-FC今治(ア…

自分らしくあれる社会

昨年の選挙で出会った男「三宅洋平」 三宅 洋平 ベルギー生まれ。(仮)ALBATRUSのボーカル・ギター。早稲田大学卒業。元リクルート社員。2013年、「日本社会の価値観を多様にひらく」必要性を感じ、参議院選挙への立候補を表明。緑の党の推薦候補として、型破…

キリスト教が嫌いな牧師

著者はアーサーホーランドに魅力を感じている。 それは牧師なのにキリスト教が嫌いと公言しているからだ。そんな牧師聞いたことない。 ー青春時代は喧嘩と柔道に明け暮れて、宗教嫌いを公言する。人呼んで「不良牧師」ことアーサー・ホーランド氏。暴力、虐…

カート・コバーンの生き方

著者はカートコバーンが大好きだ。 ロックとはエンターテイメントであるという正しさを生き方で否定したからだ。 いや、死に方で在り方を示したのである。 ジョン・レノンの死も、全世界に深い悲しみを与えた。しかしそこには「驚き」や「悲しみ」はあっても…

正しさより楽しさ

正しさを追い求めると重くなる。 楽しさを追い求めると軽くなる。 多分、ひとの心を動かすものは「正しさ」よりも「楽しさ」だ。生き方に正解はないのだから、生き方に間違いもない。あまりにも「正しさ」にとらわれすぎてはいけないのだと思う。 何をするの…